寿退社のベストなタイミング

寿退社とは結婚を機に会社を退職することを指しますが、現在は結婚しても専業主婦の道を選ばず夫婦で働き続けて行くケースが多いようです。出産を機に退職して育児に専念するカップルもいますが、割合は少なく仕事と育児を両立させている様子が伺えます。また、寿退社に関しては意外にも迷惑と考える同僚が多く、おめでたいことにも関わらず職場上はネガティブなイメージが付きまとっているようです。
寿退社を告げるタイミングにも、細かい配慮が必要です。1年や半年前では長すぎるでしょう。1か月前では遅すぎる気がします。会社と本人双方にとって最もベストなタイミングは、退職3ケ月前とされています。あまり早く退職の意思を告げてしまうと、会社にとっては戦力外の人と言うことになり、本人にとっても職場に居づらい環境が出来てしまいます。また、退職までの期間が短かすぎると、業務の引き継ぎなどの時間が充分取れずに会社に迷惑をかけることになります。法律上は14日前と言うことになっていますが、円満退社のためにもここは慣例に従うのが良いでしょう。
次に、退職の意思はまず直属の上司に伝えます。寿退社の話が、周囲から風の便りで上司の耳に入って来たら、上司はあまり良い気持ちはしないでしょう。職場にいる親友などが結婚のことを知っている場合は、上司への報告が済むまでは口外しないようお願いしておくべきです。上司へ口頭で寿退社の報告を済ませたら、書面で退職願を作成して提出します。提出先は代表取締役ですが、実際に提出するのはやはり直属の上司になります。飛ぶ鳥跡を濁さずで事務的なことではありますが、気を抜かずに皆から祝福されて退職するよう心配りに万全を期すことが大切です。《詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です