人生のタイミング

寿退社をいつ直属の上司に告げるか、タイミングで悩む女性が多いようです。しかし、一般職として入社した場合、いずれ結婚を機に会社を去って行くことは管理職の男性にとっては想定内のことでしょう。そのため、親への報告が無事済んだら臆することなく上司へも報告しましょう。退職願をいきなり出したりせず、まず上司の手が空いている時を見計らって切り出すのが良いかと思います。
総合職として採用された女性は会社を寿退社せずに結婚・出産を迎え、辞めずに仕事を続けることを前提にしています。そのため、男性と同等にステップアップを図って行くことを目標にした方が賢明かと思います。欧米や他のアジア諸国と比べて、日本は女性の企業役員やトップリーダー格の政治家が大変少ないと言われています。安部政権でも女性の活躍促進を謳っていますから、実力のある女性はもっと社会の前面に出てきてもらいたいと思います。また、一度寿退社された女性も、一区切り着いたら家庭に引きこもらず社会復帰を心掛けた方がいろいろな面でプラスになります。まず、夫婦で働くことによって経済面でのゆとりが出来ます。また、若い時は多面的な交際範囲によって、人間としての礼節を知ると共に多くのことを吸収する必要があります。若い時に培った人脈が、中高年になって社会の中心を支える存在となった時に生きて来ますし、第一線を退いた時の良き話相手となります。仕事仲間だけではなく、趣味の仲間を増やすことによって老後の楽しみを築くことも重要です。タイミングの良し悪しによってその後の展開も変わって来ますから、注意して決断を下して行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です