寿退社と事務手続き

「寿退社を告げるタイミングは3カ月前」がベストだという根拠は、あまり早く退社の意思表示を行なってしまうと会社が切れ目のない業務遂行を優先するあまり、後任者の人選に奔走し仕事の円滑な引き継ぎに充分な時間を取り、退社する本人は手持ち無沙汰になってしまうという点が挙げられます。このような状況になると職場に居るのが窮屈になり、毎日の出勤が苦痛になって来ます。おめでたい寿退社なのですから、会社にネガティブなイメージを残して去るのは避けたいところです。また、有給休暇がたくさん残っている場合は、すべて消化してしまったほうが良いでしょう。
転職するにせよしばらく休養するにせよ、事務手続きはしっかり行い失業給付など申請して得られるものは積極的に貰うべきです。寿退社は、自己都合退職に該当するので申請から3ケ月の待機期間が発生しますし、会社都合退職と比較して期間も金額も少なくなってしまいます。しかし、収入の穴埋めは必要です。失業給付を受給するためには就職する意思を示すことが必須なので、結婚の準備などで企業への応募が難かしい場合は、ハローワークや自治体の開催する再就職セミナーに参加しておくと良いでしょう。また、会社を退職すると厚生年金から国民年金への切り替えや、国民健康保険への切り替えが必要になって来ます。これらの事務手続きを怠ることなく、新たな生活のスタートでつまづくことのないようにしたいものです。上司も同僚も祝福したい気持ちは山々ですが、企業は利潤追求第一なので物事は出来るだけ合理的に運んでしまおうとするものです。従って、寿退社を告げるタイミングは、慎重にも慎重を重ねて行なうべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です